FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家具メーカーADコア企画のロサンゼルス旅行 NO.2

ロサンゼルス研修旅行 NO.2


”CASE STUDY HOUSE NO.22 ”
ピエール・コーニッグ設計 



このスタール邸は1960年に建築された住宅で、
アメリカが第二次世界大戦後の住宅需要に向けて、実験的に建設された住宅の一つです。

ビバリーヒルズのセキュリティを抜けて、山道を上がって行くと
オーナーのスタール夫妻のご子息が管理されている。




5-5_convert_20121102172415.jpg


このドアを開けると
LAの景色が一望できるローケーション!この景色が美しい!!

夜の景色も見たかった
1960年建築された頃は、住宅はこのNO.22だけだったらしい。

こんな環境に育った人達は、
どれだけ豊かな人間に育つのだろうか?

羨ましい

5-14_convert_20121102165128.jpg

参加者達で、記念写真です。
いい思い出になりました

Stahl+House-003_convert_20121102165003.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

家具メーカーADコア企画のロサンゼルス旅行  NO.1

ロサンゼルス研修旅行NO.1


9月に、以前からADコアさんから購入するCDの写真を見て、気になっていたロサンゼルス研修旅行に行ってきました。

まずは、4泊だったのですがフランス系のSOFITEL HOTEL
ファーサードはガラスを多様したモダんな造りで、エントランスホールは照明も落としてあり良い雰囲気

アメニティは、フランス製のL‘OCCITANEでしたし、バスローブも良かった・・・です。



縺ゅ◆繧峨@縺・ヵ繧ゥ繝ォ繝€+064_convert_20121010183216


縺ゅ◆繧峨@縺・ヵ繧ゥ繝ォ繝€+066_convert_20121010183333



スチールで出来たアールが綺麗な椅子!!

P1010884_convert_20121010183442.jpg


外でもブレックファーストが頂けました。
グレーとピンクのバリエーションのインテリアになっていました。

P1020436_convert_20121010183645.jpg


京都の工務店の方と同室でした。色々調べ始める私達。職業病です。


P1010886_convert_20121010183802.jpg

ブラケットはLEDのランプでした。スタンドと色温度の違いが気になる
建築ツアーの為に早く寝ます。

NO2に続く・・・・
プロフィール

enome

Author:enome
鰀目 有香子(えのめ ゆかこ)
インテリアコーディネーター
二級建築士


インテリアコーディネーター愛知 ENOME DESIGN ROOM TOTAL COORDINATE OFFICE

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。